カメラ女子・カメラ初心者必見!!お花の撮り方!

デジカメデビューしたら、スマホじゃ撮れない写真を撮ろう!をテーマに、お花の撮り方やカメラの設定の仕方を初心者にも分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【保存版】キヤノンのオススメ単焦点レンズ。『EF 50mm F1.8 STM』レビュー&作例!(高級レンズとの撮り比べ有り)僕がこのレンズばかりを使う理由を教えます!

機材

キヤノンの『撒き餌レンズ』と呼ばれた『EF 50mm F1.8 Ⅱ』の後継モデル『EF 50mm F1.8 STM』

 

撒き餌レンズの名をそのまま踏襲してると言ってもいいでしょう。

 

撒き餌レンズとは…大物の魚を釣るために安い餌を撒き散らす。それをレンズに例え、安いレンズで写真の楽しさを広く知ってもらい、高いレンズの沼へと引きずり込む。そんなイメージでつけられた俗称だと思います。
今回は、僕がなぜこのレンズを選んだのかを、レビューと作例を交えながら紹介していきます!


『EF 50mm F1.8 STM』このレンズは商品名からも分かるように、焦点距離50mmの単焦点レンズです。

 

 

ズバリ!お花の撮影には最適です!

 

 

・絞り開放値…F1.8

面白いほど綺麗にボケてくれて主役を引き立ててくれます!


 

・最短撮影距離…35cm

かなり近づけるのでお花の撮影には重宝します!


 

・質量…160g

めちゃくちゃ軽いです!

1日、首からぶら下げてても苦にならないです!


 



 

僕が『EF 50mm F1.8 STM』を選んだ最大の魅力はこの2点!!


ズバリこのレンズの魅力はこの2点です!

①F1.8のなめらかなボケ具合!

 ②コスパの良さ!

さっそく具体的に見ていきましょう。

 

①F1.8のなめらかなボケ具合!(ズームレンズと比較)

言葉で書くよりも、画像で比較した方が分かりやすいと思います!

 

EOS M のズームレンズと撮り比べました!(EF M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM)


今回の撮り比べは『ボケ具合の比較』をメインに検証していきます。

(比較しやすいようにズームレンズの方もだいたい50mm付近で撮ってます)

 

絞りはどちらも解放。

・18-55mmズーム…F5.6

・50mm単焦点…F1.8

この条件で同じお花を撮り比べました!

さて、お花がより綺麗に写るのはどちらのレンズでしょうか?

 

まずはビオラの花壇から。

①18-55mmズーム。↓↓↓↓


固い印象で、どれが主役なのか分かりづらいですね。

 

②50mm単焦点。↓↓↓↓


こちらは、ふんわりやわらかになってますね!

 

2枚並べるとこんな感じ。↓↓↓↓


前ボケのやわらかさと、背景ボケのなめらかさが全く違いますね!

ズームレンズは、少しごちゃごちゃしてます。

単焦点レンズは、メインがどれか分かりやすいですね。

 

菜の花を撮ってみると…

①18-55mmズーム。↓↓↓↓


これだけ見るとなかなか綺麗な背景ボケですね!

ひょっとして50mm単焦点に負けてないのでは??

そんな期待を抱きつつ50mm単焦点を見てみましょう。

 

②50mm単焦点。↓↓↓↓


あっ、やっぱり違う…

 

2枚並べてみると。↓↓↓↓


真ん中付近のグリーン(茎)のボケ具合が全く違いましたね…

やはり50mm単焦点レンズの方が圧倒的に綺麗なボケでした。

 

 

梅の写真はどうでしょう?

①18-55mmズーム。↓↓↓↓


背景の梅が、何だかごちゃごちゃして騒がしい感じがしますね。

 

②50mm単焦点。↓↓↓↓


あっ、スッキリ!

同じ構図でもやっぱり背景ボケが全く違いますね。

 

2枚比較すると。↓↓↓↓


単焦点レンズは、背景がスッキリしたおかげで、お花の輪郭がはっきりして立体感がでてます。

それに比べて、ズームレンズは立体感がなく、ベタっとした写真に見えます。

 

この2本の撮り比べをもっと見たいって方はこちらに詳しく書いてます。↓↓↓↓

『標準ズームレンズ』と『単焦点レンズ』写りはどう違うの?同じお花で撮り比べました!
標準ズームレンズと単焦点レンズ、写りはどう違うの?『標準ズームレンズ』と『50mm単焦点レンズ』で同じお花を撮り比べ。果たしてどちらの方がお花の魅力を引き出すことができるのでしょうか?実際の写真を比較しながらそれぞれの写り方の違いを解説していきます!

 

撮り比べの結果…

やはり、ボケ具合から見ていくと圧倒的に『EF 50mm F1.8 STM』の方が綺麗です。

そして、背景が綺麗にボケることにより、主役のお花がより強調され、写真に立体感が出ています!

 

 

②コスパの良さ!(高級レンズと比較)

レンズの値段ってピンキリですよね。

高いものは何十万円っていう憧れのレンズまでありますが、

この『EF 50mm F1.8 STM』は1万円台で購入可能です!

 

『でも、安いレンズって画質が悪いんでしょ?』

そう思ったあなたへ!

 

『EF 50mm F1.8 STM』と『20万円のLレンズ』を撮り比べてみました。


 

どちらが高いレンズか見抜けますか?
↓↓↓↓

①番と②番

どちらかは『EF 50mm F1.8 STM』

どちらかは『20万円のLレンズ』

どちらがどのレンズだと思いますか?

↓↓↓↓

 

⬇️SS…1/1000   F…2.8   ISO…100(*設定はどちらも同じで撮ってます)


 

⬇️SS…1/1000   F…2.8   ISO…100


 

正解は、、、

①20万円のLレンズ!

②EF 50mm F1.8 STM

 

違いを的確に言い当てることができましたか?

多分この画像だけで見抜くことは難しかったのではないでしょうか?

それぐらい画質やボケ具合に遜色がありません。

 

この結果から見ても、

『EF 50mm F1.8 STM』がいかにコスパがいいかが分かっていただけたと思います!

 

『Amazon』『楽天市場』でこのレンズの価格を調べてみる。↓↓↓↓

created by Rinker
¥14,560 (2020/03/30 07:54:35時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

 

ただ撮るだけで上級者っぽく見える『EF 50mm F1.8 STM』作例!

絞り開放(F1.8)で撮るだけで、一気に上級者っぽい写真になります!


 


 


 


 


 



 


 


 


 


 


いとも簡単にこんな写真が撮れます!

とりあえずこのレンズがあればあなたのイメージするお花の写真はだいたい撮れると思います!

まずは、ばんばんお花を撮ってみてください!

絶対に楽しいと思いますよ!

 

 

 

まとめ


僕がこのレンズばかりを使う理由が分かりましたか?

 

・ボケ具合

・携帯性

・コスパ

・画質

どれを取っても、

EF 50mm F1.8 STM というレンズはお花の撮影には最強ですね!

 

・やわらかな前ボケとなめらかな背景ボケ!

・主役をクッキリと引き立て、立体感が出る!

・簡単に上級者っぽい写真が撮れる!

・片手でも持てる携帯性!

・へそくりで買えるお手頃価格!

・高級レンズに負けない画質!

 

キットレンズでは撮れないような、なめらかな背景ボケの写真が簡単に撮れ、一気に上級者っぽい写真になりますよ!

 

お花を撮るなら『EF 50mm F1.8 STM』をぜひオススメします。

 

EF 50mm F1.8 STM

『Amazon』『楽天市場』で探してみる。

created by Rinker
¥14,560 (2020/03/30 07:54:35時点 楽天市場調べ-詳細)

*キヤノンのミラーレスにつける場合は別途アダプターが必要です。(僕もこうやって使ってます)

このパーツ。↓↓↓↓

コメント