カメラ女子・カメラ初心者必見!!お花の撮り方!

デジカメデビューしたら、スマホじゃ撮れない写真を撮ろう!をテーマに、お花の撮り方やカメラの設定の仕方を初心者にも分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【初級編】曇りの日は思いきってISOを上げてみよう!実は相性バツグン!?曇天×お花撮影。

お花の撮り方

曇天の日は撮影を諦めていませんか?

実は曇天の日は柔らかい光に包まれてるので、コツさえつかめば綺麗な写真が撮れるのです!

曇天の日こそ撮影に出かけてみましょう!

『晴れた日の撮影』と『曇りの日の撮影』

晴れた日は強い光が差してるので、そこをうまく切り取れば明るくて元気なお花の写真が撮れます。

 

しかし、難しい場面も出てきます。

日なたと日影がある場合…

露出を日なたに合わせると、日影は真っ暗に…

露出を日影に合わせると、日なたは明るすぎに…

濃淡が付きすぎて露出が非常に難しいです。

(実は『黒バック』はこれを逆手に取って撮影してるのですけどね。)

 

それに比べて曇天の日は、柔らかい光がまんべんなく当たってるのでとても撮りやすいです。

よくポートレート撮影でストロボにディフューザーやアンブレラを付けて光を柔らかくしますが、まさにストロボ(太陽)にデフューザー(雲)を付けてるようなイメージですね。

それでは具体的な曇天の撮り方を見ていきましょう!

曇天の日にお花を撮ろう!


今回の撮影条件はこんな感じ…

 

時折、小雨がパラつくほどの曇り空。

時間は午後4時。

どんよりと薄暗い冬の日でした。

 

こんな日に納得いく写真を撮るにはどうすればいいのでしょうか?

 

いつもよりもISOを上げてみよう!


日中の昼間なら、ISOは100に固定でいいところですが、

こんな曇天ならISOを上げて明るさをキープして元気なお花の写真に仕上げましょう!

 

上の写真は『SS…1/500  F…1.8  ISO…400で撮ってます。

曇天の写真には見えないですね!

実はこれが曇天の特徴です。

 

まんべんなく光が回ってるので明るささえキープできれば、優しく綺麗な写真が撮れるのです!

 

曇天ならではの写真ですね!

 

日が差してるとこんな写真になります。↓↓↓↓


SS…1/4000   F…1.8  ISO…100

設定は絞り以外は全く違いますね。

 

2枚並べるとこんな感じ。↓↓↓↓


(*同じ場所で別の日に撮り比べました)

 

曇天は…まんべんなく光が回って全体的に柔らかい色合いですね!
晴天は…コントラストが強く前ボケや茎のグリーンが日影になり色が濃いですね!

 

どちらが好みかは人それぞれですが、曇天の方が『ふんわり優しい』くてお花には合ってる気がします。

 

これも曇天の写真。↓↓↓↓


SS…1/400  F…1.8  ISO…800

思い切って『ISO…800』まで上げました!

 

強い光がないので影がないのが分かりますね。

これもまた曇天ならではの写真です!

 

スマホのライトを使ったらどうなる?


『スマホのライトを使えばISOを上げなくても綺麗に撮れるのでは??』

そんな疑問が出てきたのでさっそく試してみました。

それがこの写真。↓↓↓↓


SS…1/500   F…1.8   ISO…100

(レンズの真上にスマホを構えてお花に真正面から光を当てました)

うーん、、、ビミョー。

イマイチですね。

お花に影が出るし、グリーンは暗いし…

 

これなら素直にISOを上げて撮った方が綺麗です。

 

横から当ててあえて影をつけてみたり、裏から当てて透かしてみたりもしたのですが、

どれもイメージ通りにはなりませんでした…

 

ストロボと比較するとスマホのライトは弱いですね。

 

ちなみにストロボを遠隔で光らせて撮った写真がこちらです。↓↓↓↓


 


 

こうやって撮ってます。↓↓↓↓

 


詳しい撮り方はこちらの記事を参照↓↓↓↓

『黒バックコスモスの撮り方⤴️』

 

仄暗くしっとりと撮ってみよう!


どうせ日陰ならちょっと暗めに撮ってみるのもアリですね!

 

サザンカみたいな赤いお花はこういう撮り方をしてもお花が引き立って凛とした美しさが出ますね!

 

他にもこんな感じ。↓↓↓↓


SS…1/800   F…1.8   ISO…400

たくさん咲いてるサザンカの中でもひときわ赤が強い子を選びました。

 

こちらはツルニチニチソウ。↓↓↓↓


SS…1/400   F1.8   ISO…400

日陰にひっそりと咲いてました。

 

すごくシンプルな撮り方ですけど、グリーンの茂みをバックにツルニチニチソウの紫が引き立ってなかなかいい雰囲気に仕上がりました。

 

この雰囲気も晴天だとなかなか出さないですね。

曇天ならではの写真が撮れました!

 

 

 

まとめ

晴天の日には晴天の日にしか撮れない写真があり、

曇天の日には曇天の日にしか撮れない写真があります。

 

曇天の日は、

ISOを高めに設定して明るさをキープしよう!

光はまんべんなく回ってるので、明るささえキープできれば、柔らかく綺麗な写真が撮れます!

 

・スマホのライトはNG

明るさも足りなくて、一部分だけにしか当たらないのでイメージのものは撮れません。

 

・いっそのこと暗めに撮ろう

カラフルなお花畑ではなく、日陰に一輪だけ咲いたようなお花を狙いましょう。

凛とした雰囲気を出すことができます。

 

こんな感じで実は曇天の撮影はお花を綺麗に撮りやすいということが分かったと思います!

 

今日は曇りだからといって、撮影を諦めずにどんどん撮りに出かけてみましょう!

 

『曇天のお花写真館』はこの下です。

↓↓↓↓

 

今回の撮影で使ったレンズはこの2本↓↓↓↓

①キヤノン EF 50mm F1.8 STM

created by Rinker
¥14,500 (2020/09/29 07:58:31時点 楽天市場調べ-詳細)

②キヤノン EF-M 28mm F3.5 マクロ IS STM

created by Rinker
¥37,863 (2020/09/29 11:36:57時点 楽天市場調べ-詳細)

晴れた日の露出設定はこちら。↓↓↓↓

【初級編】晴れた日の撮影!晴天の撮影は3ステップで露出を決めよう!
お家に帰ってデータを見たら全部明るすぎた...そんな経験はないですか?そんな失敗を繰り返さない為にも晴天時の露出設定を覚えましょう!カメラ初心者にも理解できるように、基本の設定方法を分かりやすく解説しています!これを習得すればあなただけの撮りたいイメージを形にできますよ!

 

 

『曇天のお花写真館』

⬇️SS…1/500   F…1.8   ISO…400


 

⬇️SS…1/500   F…1.8   ISO…800


 

⬇️SS…1/800   F…1.8   ISO…400


 

⬇️SS…1/400   F…1.8   ISO…400


 

⬇️SS…1/400   F…1.8   ISO…800


 

⬇️SS…1/500   F…1.8   ISO…800


 

⬇️SS…1/500   F…1.8   ISO…400


 

コメント