カメラ女子・カメラ初心者必見!!お花の撮り方!

デジカメデビューしたら、スマホじゃ撮れない写真を撮ろう!をテーマに、お花の撮り方やカメラの設定の仕方を初心者にも分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【初級編】晴れた日の撮影!晴天の撮影は3ステップで露出を決めよう!

お花の撮り方

晴れた日の撮影で、明るすぎたり暗すぎたりしたことはないですか?

今回は、晴天時の適正露出の決め方を分かりやすく解説していきます!

『適正露出』と『露出オーバー・露出アンダー』


本題に入る前に次の3つの用語を覚えておきましょう!

『知ってるよ』って方は飛ばしてもらってOKです。

 

『適正露出』と『露出オーバー』『露出アンダー』

なんて難しくありません。

『露出オーバー』…明るすぎる写真。

『露出アンダー』…暗すぎる写真。

この中間にあるのが『適正露出』

とりあえずこの概念が頭に入っていれはOKです!

これを踏まえた上で次の章に進んでいきましょう。

 



 

晴天の撮影は3ステップで露出を決めよう!


お家に帰ってデータを確認したら全て明るすぎた。一度ぐらいはそんな経験をした方もいるのではないでしょうか?

そんな失敗を繰り返さない為にも、晴天の露出の決め方をマスターしておきましょう!

 

晴天の露出の決め方は次の3ステップでOKです。

①ISOを決める!

②絞りを決める!

③シャッタースピードで適正露出にする。

決して難しくないですよ。

ひとつずつ見ていきましょう!

カメラバッグブランドsnapsnapsnap®

クラウドファンディングにて、

特別限定価格で予約受付中!

詳しくはこちら

(6/1〜7/3 までの期間限定!)

 

①ISOを決める!


晴天の屋外ならば、ISOは一択です。

 

ズバリ、、、

・ISO…100

これでほぼほぼ問題ないでしょう!

 

したがってまずは一番簡単な『ISOを100』に設定しましょう!

 

 

②絞りを決める!


次に簡単に決められるのは絞りです!

みんな大好き『背景ボケ』の写真を撮りたいのなら

 

ズバリ、、、

・絞り…開放(最小値)

絞りを開放にすることによって、より背景がボケてくれます。

 

したがって『絞りは開放』に設定しましょう!

 

 

③シャッタースピードで適正露出にする!


さて、残ったのはシャッタースピード。

すでに、ISOと絞りは決まっているので、シャッタースピードで好みの明るさにすればOKです!

 

晴天の屋外であればおおよそ、

・SS…1/800〜1/4000

これぐらいを目安にダイアルをクルクル回してみて下さい。

どこかで好みの明るさが見つかると思います!

 

これの3ステップが、晴天時の露出の決め方の基本です!

まずは、このやり方を身に付けましょう!

 

マニュアル設定の仕方は、こちらの記事を参考にして下さい。(必ず分かるように解説しています)↓↓↓↓

【保存版・初級編】カメラ女子が苦手なマニュアル設定!これだけ押さえれば大丈夫!カメラ初心者向けに最低限のポイントのみを簡単解説!『究極の覚え方』付き!
カメラ女子・カメラ初心者が苦手なマニュアル設定を画像付きで分かりやすく簡単解説。 シャッタースピード・絞り・ISOこの3つの設定の仕方を解説していきます。 うんちくよりも、直感的に理解しやすいように『究極の覚え方』付きです。

 

 

 

適正露出が分からない??

『やり方は分かったけど、どこら辺が適正露出か分かんないよ…』

 

そんな時は、露出のインジゲーターを参考にするといいでしょう!

 

露出のインジゲーターはコレ。↓↓↓↓


 

ISOと絞りを決めた後、シャッタースピードをクルクル回すと、インジゲーターの目盛りが右に行ったり、左に行ったりします。

 

さあ、ここで先ほどの『露出オーバー』と『露出アンダー』という用語が役に立ってきます。

 

もう一度おさらいすると、

『露出オーバー』…明るすぎる写真。

『露出アンダー』…暗すぎる写真。

この中間にあるのが『適正露出』

ということでしたね。

 

まずは『露出オーバー』

オーバーというぐらいですから、

目盛りがプラスの方(右)に振れます。

すると明るすぎる写真になってしまいます。

 

こんな感じ。↓↓↓↓


 

『露出オーバー』な写真。↓↓↓↓


 

 

『露出アンダー』はこの逆ですね。

アンダーという言葉の通り、

マイナスの方(左)に目盛りが振れます。

すると暗すぎる写真になってしまいます。

 

こんな感じ。↓↓↓↓


 

『露出アンダー』な写真。↓↓↓↓


 

 

『適正露出』はインジゲーターの真ん中。

±0のところにメモリがくればOKということですね!

 

こんな感じ。↓↓↓↓


 

『適正露出』可もなく不可もなく綺麗な写真に仕上がりました。↓↓↓↓


 

最初のうちは、この『露出のインジゲーター』を参考にしながら、シャッタースピードを変えていくと、明るすぎたり暗すぎたりすることはなくなると思います!

 

具体的にはシャッタースピードは、

速くしたら…暗くなる!

遅くしたら…明るくなる!

このように覚えておきましょう!

 


1/160・1/400 は露出オーバーですね。

1/2000・1/4000 は露出アンダー。

この場合は、1/800 ぐらいが適正露出でしょうね。

 

 

 

晴天だと明るすぎる?

晴天の撮影時に、この通りに撮ってても、明るすぎることがあります。

『言われた通りに、ISO…100・絞り…開放にして、シャッタースピードをMAXの1/4000まで速くしたけどまだ明るすぎるよ』

 

いくつかの条件が揃うと、そんなこともあるかもしれません。

 

いくつかの条件とは、

①被写体に強い直射日光が当たっている。
②開放値が低いレンズを使っている。

 

要は、めちゃくちゃ明るい場所で、開放値F1.8とかF1.4のレンズを使っていると、シャッタースピードでMAXの1/4000にしてもまだ明るいことがあります。

(上位機種だとSS…1/8000までついてたりするので解決できるのですが、エントリーモデルは大体SS…1/4000までです)

 

そんな時は、仕方ないので絞りを少し絞って適正露出に近づけましょう。

 

あるいは、NDフィルターを付けて暗くするという方法もあります。(初級編なので割愛します)

 

 

 

【応用編】『適正露出』が必ずしも正解ではない!

今まで書いてきた撮り方はあくまでも基本です。

 

適正露出は綺麗な写真は撮ることができます。

しかし、悪い言い方をすると『可もなく不可もない写真』です。

場合によっては面白みに欠けることもあります。

 

でも、この撮り方を身につけていれば、応用することができます。

 

マニュアル設定の楽しいところは

『あなたのイメージした写真が撮れる!』

ということです!

 

必ずしも適正露出で撮る必要はありません!

 

あなたの意思で、

アンダー寄りな写真にしたり、

敢えて露出オーバーにしたりすることも可能です!

 

例えば、真っ赤なバラはアンダーがよく似合います。↓↓↓↓



適正露出を無視してシャッタースピードをクルクル回してみましょう!

 

きっと『あなただけの撮りたいイメージ』が見つかると思います!

 

そうすると写真がもっと楽しくなりますよ!

カメラバッグブランドsnapsnapsnap®

クラウドファンディングにて、

特別限定価格で予約受付中!

詳しくはこちら

(6/1〜7/3 までの期間限定!)

 

晴天の撮影 まとめ!


晴天時はこの手順で露出を決めましょう!

①ISOは100

②絞りは開放

③シャッタースピードで適正露出にする。

 

適正露出が分からない時は、

『露出のインジゲーター』を参考にしながらシャッタースピードを決める!

 

どうしても明るすぎる時は、

少し絞って暗くする!

 

基本を身につけたら、

『あなただけの撮りたいイメージ』

で撮ってみましょう!

 

 

曇天の写真の撮り方はこちら。↓↓↓↓

【初級編】曇りの日は思いきってISOを上げてみよう!実は相性バツグン!?曇天×お花撮影。
曇りの日は撮影を諦めていませんか?実は相性バツグン!『曇天×お花撮影』ちょっとしたポイントを押さえるだけで、ふんわり綺麗な写真を撮ることができます。曇りの日こそお花を撮りにお出かけしましょう!

 

 

お花写真館!(晴天時撮影)

全て、ISO…100・絞り…開放(F1.8)でSSのみ変えながら撮ってます!

 

 SS…1/4000   F…1.8   ISO…100  ↓↓↓↓


 

 SS…1/4000   F…1.8   ISO…100  ↓↓↓↓


 

 SS…1/1600   F…1.8   ISO…100  ↓↓↓↓


 

 SS…1/1250   F…1.8   ISO…100  ↓↓↓↓


 

 SS…1/4000   F…1.8   ISO…100  ↓↓↓↓


 

 SS…1/2500   F…1.8   ISO…100  ↓↓↓↓


 

 SS…1/1000   F…1.8   ISO…100  ↓↓↓↓


 

 SS…1/1000   F…1.8   ISO…100  ↓↓↓↓


 

SS…1/4000   F…1.8   ISO…100  ↓↓↓↓ 


 

 SS…1/1250   F…1.8   ISO…100  ↓↓↓↓


この写真は全てこのレンズで撮りました。↓↓↓↓

キヤノン EF 50mm F1.8 STM

created by Rinker
¥16,390 (2020/07/03 00:05:14時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント