カメラ女子・カメラ初心者必見!!お花の撮り方!

デジカメデビューしたら、スマホじゃ撮れない写真を撮ろう!をテーマに、お花の撮り方やカメラの設定の仕方を初心者にも分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【初級編】お花の撮り方!お花を綺麗に撮るには “地面” を隠せ!!

お花の撮り方

ビオラやパンジーに最適!

今回は、お花を撮る際に、

ほんのちょっとだけ気をつければ写真がグンと良くなる…

そんなちょっとしたテクニックをお教えします!

今日から即使える簡単なテクニックですよ!

お花を綺麗に撮るには ”地面” を隠せ!!


真っ白な前ボケから顔を出すビオラ!

とても綺麗な写真ですね。

 

実はこれを撮ったのは、こんな場所でした。↓↓↓↓


土だらけでお花はスカスカな花壇ですね…

これだとお世辞にも『綺麗な写真』とは言えないです。。。

 

じゃあ、どうやって撮れば綺麗に見えるの?

ズバリ!地面を隠せば大丈夫だよ!

 

えっ?何それ?

と思う方もいるかもしれませんが、、、

 

ビオラやパンジーのような地面近くに咲くお花は、

”地面” を隠せば自然と綺麗な写真に見えてくるのです!

 

騙されたと思ってやってみて下さい!

 

地面を隠すとは、具体的にこうすればOKです!

①カメラはお花目線で構えよう!

②前ボケを有効活用しよう!

 

次の章から詳しく見ていきましょう!

 

 

①カメラはお花目線で構えよう!

例えば先程の花壇、


上から撮っても見ての通り、土ばかりが写ってお花はスカスカですね。

 

そんな時は、

カメラをお花の目線まで下げて水平に構えてみましょう。↓↓↓↓


 

そうすると、地面が写らずに先ほどのような写真が撮れます。↓↓↓↓


 

たったこれだけのことで写真は劇的に変わります!

誰でもできる簡単なことなので是非とも試してみて下さい!

 

 

 

②前ボケを有効活用しよう!


前ボケとは上の写真のように、

主役のお花の手前に、ボケを持ってくる撮り方です。

 

こうすることによって、

地面などの汚い部分を隠すことができます!

 

では、先程の写真を例に詳しく見ていきましょう!

まず、狙うお花はコレです。↓↓↓↓


なるべく綺麗に咲いてて、

手前にボカすお花がある場所を選びましょう!

 

撮り方はこんな感じ。↓↓↓↓


お花目線にして、

ボカしたいお花にできるだけ近づきましょう!

 

こうすることによって、

汚い部分を消し、

写真全体を綺麗な色で埋め尽くすことができます。

 

こんな感じ。↓↓↓↓


 


 

他にも、

こんな場所で ↓↓↓↓


 

こうやって撮ったら ↓↓↓↓


 

こうなります。↓↓↓↓


 

 

違う場所でも ↓↓↓↓


 

こうやって撮ったら ↓↓↓↓


 

こうなります。↓↓↓↓


ちょっとだけ高度な撮り方になりますが、

決して難しくはないですよ。

 

前ボケは汚いものを消すだけでなく、

お花の世界観をより作りやすくなるというメリットもあります。

是非チャレンジしてみましょう!

 

前ボケの撮り方・作り方はこちらの記事に詳しく書いてます。↓↓↓↓

【中級編】脱初心者!『前ボケ』を作るだけで一気に上級者っぽい写真に早変わり!実は簡単『前ボケ写真』の撮り方。実例付きで分かりやすく解説してます!
脱初心者!いつもの写真にワンポイント『前ボケ』を入れるだけで、一気にプロっぽい写真に早変わり。もう初心者とは呼ばせない!『前ボケ写真』の撮り方を実例付きで分かりやすく解説します!

 

 

今回使った機材はこちら!

この記事の写真は全てキヤノンのミラーレス『EOS M』で撮影してます!

カメラ…キヤノンEOS-M

残念ながら生産終了…

後継機はこちら

EOS-M100

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M100 EF-M15-45 IS STM レンズキット ホワイト

EOS Kiss M

レンズ…EF 50mm F1.8 STM

created by Rinker
¥15,500 (2020/08/11 00:30:39時点 楽天市場調べ-詳細)

このレンズのレビュー&作例はこちら。↓↓↓↓

【保存版】キヤノンのオススメ単焦点レンズ。『EF 50mm F1.8 STM』レビュー&作例!(高級レンズとの撮り比べ有り)僕がこのレンズばかりを使う理由を教えます!
単焦点レンズを探してるなら、迷うことなくこのレンズをオススメします!『EF 50mm F1.8 STM』レビュー&作例!ズームレンズや高級レンズと撮り比べて、このレンズの魅力をお伝えします!僕がこのレンズばかり使う理由が分かりますよ!

コメント