カメラ女子・カメラ初心者必見!!お花の撮り方!

デジカメデビューしたら、スマホじゃ撮れない写真を撮ろう!をテーマに、お花の撮り方やカメラの設定の仕方を初心者にも分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【初級編】カメラ初心者必見!『この写真、実はここで撮りました!vol.2』 想像力で写真は変わる。ごく普通の場所から『物語のような世界観』を作ろう!

お花の撮り方



目の前にあるお花をどう撮るか?

これは永遠のテーマでもあり、一番の醍醐味でもあります!

写真をやる上で迷うとこでもあり、楽しいとこでもありますね!

今回は『世界観』を作って絵本の物語のような写真を撮ってみようという記事です!

 

『この写真、実はここで撮りました!vol.1』はこちらから↓↓↓↓

【初級編】カメラ初心者必見!この写真、実はここで撮りました!想像力で写真は変わる!ごく普通の場所から『物語のような世界観』を作ろう!
世界観のある素敵な写真も実は何てない近所の公園で撮ってたりします。写真はあなたの想像力で変わるのです!ごく普通の場所から『物語のような世界観』を作り出しましょう!



あなたの想像力で写真は変わる!


ひっそりと咲くツルニチニチソウ。

 

一部分だけを切り抜いた写真を見ても『こんな素敵な場所近くにないよ。』って思うかもしれません。

 

でも意外と “そこらへん” で撮った写真だったりするものです。

 

実際この写真を撮ったのはこんな場所。↓↓↓↓


素通りしそうな草むらに咲いてました。www

 

視点を変えると、

こんな撮り方もできますね。↓↓↓↓


同系色のビオラを前ボケにして…

こんな感じ。↓↓↓↓


草むらが一気に幻想的な森の中に変わりましたね!

 

目の前にあるお花をどう撮るか?

それはあなたの想像力次第で変わります!

 

 

 

こんな場所で、こんな物語が生まれました!

例えばこの写真。↓↓↓↓


綺麗にお手入れされた花壇を見つけました!

いろんな物語が作れそうですね!

あなたはどうやって撮りますか?

僕はここを選んでみました。↓↓↓↓


ウサギの足元からカメラを構え、ビオラを主役にして、千日紅を前ボケに使ってみました。

 

するとこんな物語ができましま。↓↓↓↓


『何覗いてんのよ。とっとと出て行きなさい!』

ぶさかわビオラちゃんに怒られてしまいました。www

 

 

もちろん真ん中の黄色いお花もちゃんと撮りましたよ。↓↓↓↓


『今日も一日元気に頑張ろう!』

イエローとグリーンの組み合わせは元気をもらえますね!

 

 

 

次はこんな場所。↓↓↓↓


季節外れのバラ園に一輪だけポツリと咲いてた真っ赤なバラ。

 

こんな物語ができました。↓↓↓↓


『脇役なんて私には必要ない。たった一人であなたの心を掴んでみせるわ!』

真っ赤なバラは一輪だけで絵になりますね。

強烈なインパクトがあります。

 

公園で椿を見つけました。↓↓↓↓


お花に日が差して、後ろは日陰。

これは『黒バック』の絶好のチャンスですね!

 

こんな写真にしました。↓↓↓↓


『上品な淑女は今日も素敵な笑顔で挨拶を交わしてくれました。』

椿は和服を着た女性を連想してしまいます。

謙虚で上品なお花ですね。

『黒バック』にするとより引き立ちます!

 

こちらはサザンカ。↓↓↓↓


ひときわ色濃く、形の良いサザンカを見つけました。

小雨が降るような曇り空。

 

ここではこんな写真が撮れました。↓↓↓↓


『真っ暗な路地裏にだって個性は出せる!』

地味な場所に咲くサザンカの主張が聞こえてきそうです。

 

たったこれだけのビオラでも物語はできますね。↓↓↓↓


これは『V字前ボケ』のチャンスです。

こんなイメージで撮ってみましょう。↓↓↓↓


前ボケの間から主役のビオラが覗いてます。

 

出来上がりがこちら。↓↓↓↓


『ビオラちゃん、見ーつけた!』

かくれんぼをしている元気な子供の声が聞こえてきそうです。

 

スイセン畑を見つけました。↓↓↓↓


ここも日陰をうまく使えそうですね!

 

『黒バック』でシックに撮ってみました。↓↓↓↓


『いつまでも子供扱いしないで!可愛いだけじゃないのよ!』

少し背伸びした ”大人のスイセン” も素敵ですね!

 

 

 

この写真、実はここで撮りました!

この写真、


実はここで撮りました。↓↓↓↓


 

この写真、


実はここで撮りました。↓↓↓↓


 

この写真、


実はここで撮りました。↓↓↓↓


 

この写真、


実はここで撮りました。↓↓↓↓


 

この写真、


実はここで撮りました。↓↓↓↓


 

 

 

画像のおさらい。


 

 


 

 


 

そう!あなたの想像力で写真は変わるのです!

 

『この写真、実はここで撮りました!vol.1』こちらから⤴️

 

 

 

今回の機材!

カメラ…EOS M(生産終了)

後継機はこちら。↓↓↓↓

EOS M100

created by Rinker
¥45,340 (2020/03/30 06:26:46時点 楽天市場調べ-詳細)

レンズはこちら。↓↓↓↓

EF 50mm F1.8 STM

created by Rinker
¥14,560 (2020/03/30 07:54:35時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント