カメラ女子・カメラ初心者必見!!お花の撮り方!

デジカメデビューしたら、スマホじゃ撮れない写真を撮ろう!をテーマに、お花の撮り方やカメラの設定の仕方を初心者にも分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【初級編】カメラ初心者必見!この写真、実はここで撮りました!想像力で写真は変わる!ごく普通の場所から『物語のような世界観』を作ろう!

お花の撮り方

目の前にあるお花をどう撮るか?

これは永遠のテーマでもあり、一番の醍醐味でもあります!

写真をやる上で迷うとこでもあり、楽しいとこでもありますね!

今回は『世界観』を作って絵本の物語のような写真を撮ってみようという記事です!

あなたの想像力で写真は変わる!

素敵な写真を見たときに『こんな場所身近にないよ…撮れるわけがない』って諦めていませんか?

でもその写真、本当に特別な場所で撮ってるのでしょうか??

意外とどこにでもある場所かもしれませんよ!

 

例えばこの写真↓↓↓↓


『薄暗い森に迷い込んだ少女が見つけたものは・・・凛とした姿で咲く一輪のシュウメイギクでした。』

 

一枚の写真から物語が広がっていきます。

 

でもこの写真を撮ったのはこんな場所。↓↓↓↓


公園の隅っこに寂しく咲いてたお花です。

目の前のお花をどう撮るか?

そう!あなたの想像力で写真は変わるのです!

 

 

こんな場所で、こんな物語が生まれました!

まずはこの花壇。↓↓↓↓


色とりどりのパンジーやビオラが咲いてる花壇。

あなたなら、どんな物語を作りますか?

 

こんな写真が撮れました。↓↓↓↓


『小人の親子が草むらをかき分けながら歩いて行くと、大きなお花に出会いました。』

そんな小人の目線で撮った一枚。

 

こんなコスモス畑も想像力が掻き立てられますね。↓↓↓↓


(楽しそうに撮ってる人↑www 多分いつもこんな感じで撮ってるんだろうなぁ…)

 

ボケ感をうまく演出してこんな物語を作りました。↓↓↓↓


『他のどの子にも負けないわ!私が一番きれいでしょ!』

華やかな世界にも競争がある。そんな一幕を感じました。

 

 


『風に吹かれて、くじけそうになっても、私は何度でも陽の当たる場所を目指すわ!』

台風が過ぎ去った後で、茎が曲がってもなお上を目指すコスモスに力強さを感じました。

 

コスモスの場合、コスモスを主役にしたコスモス目線の物語を作りたくなりますね!www

 

こんな場所だと、どうでしょう?↓↓↓↓


ニョロニョロ(名前が分からない)がいっぱいでどれを主役にするか迷うような場所。

実は前ボケの絶好のチャンスです。

 

ワクワクしながら撮りましたよ。↓↓↓↓


『私を見つけ出して!そして綺麗に撮って!』

そんな力強い主張のある写真が撮れました!

 

まばらに咲いたジュウガツザクラは?↓↓↓↓


まばら過ぎて普通なら目も向けないようなこんな場所。

 

こうなりました。↓↓↓↓


『どこかもの寂しげな秋の夕暮れ。ふと見上げると季節はずれの桜が2輪。さぁ、涙を拭いてまた明日も頑張ろう!』

 

仕事で悩んでることも、自然の中ではちっぽけなこと。そう思わせてくれるジュウガツザクラでした。

 

茂みに咲くツワブキの花は…↓↓↓↓


 

こんな感じ。↓↓↓↓


『スポットライトを浴びたあなたは、誰よりも輝いて見えた!』

夕日を浴びたツワブキを『前ボケ&黒バック』で撮ると、まさにステージ上の主役!

 

 

こんな具合に、一見特別に見える写真も、実は何てない場所で撮られてます。

目の前にあるお花をどう撮るかは『あなたの想像力次第です!』

 

あなたの個性を発揮した写真を是非とも撮ってみましょう!

題材は身の回りに溢れてます!

 

 

 

『物語を感じるお花の写真館!』

このお花たちもごくごく普通の場所で撮ったものです。


 


 


 


 


 


あなたはどんな物語を感じましたか?

 

 

今回の機材!

今回使った機材も特別なものでも何でもありません。

 

カメラ…キヤノンのミラーレス(2012年製 EOS M)

レンズ…EF 50mm F1.8 STM (15,000円ほど)

 

レンズはこちらです。↓↓↓↓

コメント