カメラ女子・カメラ初心者必見!!お花の撮り方!

デジカメデビューしたら、スマホじゃ撮れない写真を撮ろう!をテーマに、お花の撮り方やカメラの設定の仕方を初心者にも分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【初級編】お花の撮り方!超簡単!幻想的に見せるちょっとしたコツを教えます!

お花の撮り方

『お花の写真をもっと上手く撮りたい!』

そんな方は一度この記事を読んでみて下さい。

何かヒントが得られるかもしれませんよ!

お花の撮り方!超簡単!幻想的に見せるちょっとしたコツを教えます!


お花の撮影はちょっとしたコツで印象を変えることができます。

 

今回は、誰でもできる簡単なコツを2つ紹介します。

ズバリこの2つです!

①カメラを水平に構えよう!

②時には思いきってトリミング!

なんだかとても簡単そうでしょ。

さっそく次の章からそれぞれ詳しくみていきましょう!

 

 

①カメラを水平に構えよう!


燃えるような赤に包まれたベゴニア。

どこまでも続く赤いベゴニア畑で撮ったような、

すごく幻想的な一枚に仕上がってます!

 

これを撮ったのは実はこんな場所。↓↓↓↓


どこまでもは続かないベゴニアの花壇でした。www

 

上から撮っても、

こんな写真にしかなりません。↓↓↓↓


うん、ビミョーですね…www

 

こういう時は、出来るだけカメラを水平に構えましょう。

 

こんな感じ。↓↓↓↓


 

そして、こんなイメージで狙うといいでしょう。↓↓↓↓


一つのお花に狙いを定めたら、

画面全体が赤になるような角度を見つけます。

手前のお花を前ボケに使うと効果的です!

 

こうやって撮ったのが先ほどのこの写真だったのですね。↓↓↓↓


まるで特別な場所で撮ったような写真ですね!

 

マリーゴールドの花壇でもやってみましょう。↓↓↓↓


 

先ほどと同じようになるべく水平にカメラを構えます。↓↓↓↓


 

そして、

イメージはこんな感じですね。↓↓↓↓


一つのお花に狙いを定めたら、

画面全体が黄色になるような角度を見つけます。

手前のお花を前ボケに使うと効果的です!

 

そうやって撮ったのがこれ。↓↓↓↓


これも特別感が出た写真になりましたね!

 

 

 

②時には思いきってトリミング!

トリミングには賛否両論あると思いますが、、、

トリミングしたことによって写真が良くなるのならばアリではないでしょうか!

 

僕はお花の写真ではよくトリミングをします。

 

ポートレートなどと違い、

お花の場合は被写体を動かすことができないので、

どうしても汚い部分が写ることもあります。

そんな時はトリミング前提で撮影したりもしますよ。

 

例えば、この写真。↓↓↓↓


背景をスッキリさせて、もっと主役を目立たせたい!

 

そんな時は、

思いきってトリミングしてみましょう。↓↓↓↓


余計な背景を切り取ることによって、写真の印象が変わりましたね!

主役がより引き立ちました!

 

この写真もトリミングしてみましょう。↓↓↓↓


もっと全体を赤で占めたい!

 

赤をたくさん残すために、

縦構図にしました。↓↓↓↓


メインのお花に前ボケが被さることによって、

赤いフィルターを通したような幻想的な写真に仕上がりました!

 

このように、トリミングをすることによって、

不要な部分を切り取ったり、

メインのものをよりクローズアップできたりします。

 

お花の撮影には取り入れてみてもいいと思いますよ!

 

カメラを水平に構えること。

トリミングをすること。

どちらもすぐに実践できますよ!

さっそく次回の撮影で試してみましょう!

 

 

今回使った機材はこちら!

この記事の写真は全てキヤノンのミラーレス『EOS M』で撮影してます!

カメラ…キヤノンEOS-M

残念ながら生産終了…

後継機はこちら

EOS-M100

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M100 EF-M15-45 IS STM レンズキット ホワイト

EOS Kiss M

コメント