カメラ女子・カメラ初心者必見!!お花の撮り方!

デジカメデビューしたら、スマホじゃ撮れない写真を撮ろう!をテーマに、お花の撮り方やカメラの設定の仕方を初心者にも分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【初級編】カメラ女子・カメラ初心者の【素朴な疑問Vol.3】『一眼レフ』と『ミラーレス』ってどっちがいいの??

機材



よくある質問。

カメラをやってるとよくある質問の一つにこういうのがあります。

『一眼レフとミラーレスって何が違うの?』

一言で答えるのは非常に難しい質問ですが、だいたいこう答えるようにしてます。

『一眼レフは重たくて、ミラーレスは軽い!写りはだいたい一緒!』www

さて?

『一眼レフ』『ミラーレス』はたしてどっちがいいのでしょう???




『一眼レフ』と『ミラーレス』の違い。


初めてカメラを買おうとしてる人からすると『一眼レフ』という言葉は知っていても『ミラーレス』という言葉は初めて聞いたという方もいるかもしれません。

上の写真でいうと、左が一眼レフ。右がミラーレスです。

それぞれ何が違うのか?特徴を見ていきましょう!

①構造的な違い。(一応簡単に…)

僕はぶっちゃけ構造的な違いなんかどうでもいいと思ってます。www

ボディの中に鏡(ミラー)があるかないか。それぐらいの知識でいいのではないでしょうか。

それよりも『実際に使ってみてどうなの?』ってことをこのブログでは書いていきたいのです。

とは言え『知りたいよ!』って方の為に超簡単に説明しておきます。

『興味ないよ』って方は飛ばしてOKです!www

一眼レフ

一眼レフの場合、レンズから入ってきたものを鏡に反射させ、それをファインダーを覗いて写真を撮るという構造です。

特徴としては、ファインダー越しにリアルな絵を見ながら撮影するので被写体を捉えやすいということが挙げられます。しかしシャッターを押して液晶モニターで確認するまでどんな色味で写ってるのか分かりません。(ただし、ライブビューと言って液晶モニターを見ながら撮影することも可能です)

ミラーレス

ミラーレスの場合は、言葉の通り鏡がありません。その代わりレンズから入ってきたものを映像に変換し液晶モニターを見ながら写真を撮るという構造です。

特徴としては、シャッターを押す前から明るさや色味をモニターで確認できるので、出来上がりのイメージをあらかじめ見ることができます。

ちなみに一眼レフの『レフ』とは光を反射させること、つまり鏡のことを言ってます。したがって『ミラーレス一眼レフ』というのは間違いです。

②見た目とシャッター音。

さて、ここからが僕らしいブログの内容になってきます!www

一眼レフ



一眼レフは、右手で大きなグリップを握り、左手でレンズを支え、ファインダーを覗く。この仕草はやっぱりカッコいいです!

写真を撮ってる!って感じがして、撮ってる本人もテンション上がります。程よい重量感が所有する満足感をより高めてくれます。

またシャッター音が『パッシャ』っと小気味よくなるので、気持ち良く撮影ができます。

シャッター音は、お花の撮影では自己満足に過ぎないのですが、ポートレート撮影だとこのシャッター音がとても大切になってきます。テンポ良くシャッターを切ればモデルさんもポージングを決めやすく、無言でも意思疎通ができ信頼関係を築きやすくなります!僕はポートレートでは絶対に一眼レフを使います!

ミラーレス



ミラーレスは何と言っても見た目が可愛いです!ボディカラーもたくさん種類がありますので、カメラを選ぶ選択肢の一つに『可愛らしさ』を追加するのもアリですね。

そして、とにかく軽いです!これは大きな武器です!

カメラを使わなくなった人のほとんどが、カメラを持ち出すのが面倒になった。という理由だと思います。

せっかくカメラを買ったのに持ち出さなければ意味がありません。カバンにサッと入れたくなるようなカメラはやはりミラーレスです。ミラーレスの軽さとコンパクトさはやっぱり武器ですね!

シャッター音は正直一眼レフと比べると物足りないです…その為か写真を撮ってる!って感覚は一眼レフほど高くなく、ケータイで写真を撮ってる感覚に近いです。

別の言い方をすると、気合をいれずにサラッと気軽に撮れるということですね!

③『ファインダー』か『モニター』か?

『①構造的な違い』にもちょろっと書きましたが、一眼レフはファインダーを覗いて撮るスタイルが多いです。逆にミラーレスは液晶モニターを見ながら撮るスタイルが多いです。

そもそもミラーレスにはファインダー自体がついてないモデルも多いですね。ちなみに僕が使ってるミラーレス(EOS M)も液晶モニターのみです。お花の撮影には液晶モニターがすごく使いやすいです。

何故か?って…

まずはこの写真を見てください。↓↓↓↓



前ボケ越しに裏スケコスモスを撮った一枚です。

この写真、こんな体勢で撮ってます。↓↓↓↓



お花の撮影ではこんな体勢、日常茶飯事です。ファインダーなんか覗いてられないですね!www

また液晶モニターを見ながらの撮影だと、シャッタースピードなどの設定を変えるとダイレクトにモニターに写し出されるので、シャッターを切る前から明るさや色味を確認できます。マニュアル撮影を覚えるには最適です!

一眼レフ・ミラーレスどちらであってもお花を撮るには液晶モニターが便利です!

ただし、バッテリーの持ちでいうと『一眼レフ×ファインダー』が断然長持ちします。

液晶モニターはバッテリーの減りが早いです。こまめに電源を切るクセをつけましょう。

④画質の違い。

『一眼レフの方が画質がいいんでしょ?』

これもよく聞かれる質問です。

答えは『うーん?だいたい一緒。』

一眼レフとミラーレスというくくりでお話してきましたが、実はそれぞれにもたくさん種類があります。

ここでは詳しくは書きませんが、

APS-Cの一眼レフとフルサイズミラーレスで比較するのか?

あるいはキヤノンの一眼レフとパナソニックのミラーレスで比較するのか?

それだけでも違ってくるので、ここでは一般的なお話を少しだけしておきます。

写真の画質を左右するのは『センサーサイズ』!

センサーとは、レンズから入ってきたものを受け止めるいわゆるフィルムの役割をする部分ですね。そしてそのセンサーにはサイズがあるのです。

カメラの種類、メーカーなどにより使われるセンサーサイズは異なります。

『フルサイズ』>『APS-C』>『フォーサーズ』>『1型』

などと呼ばれるものがあり、センサーサイズが大きい方が画質がよくなります。

逆に、センサーサイズが同じであれば、一眼レフでもミラーレスでも画質に大差はないはずです!

例えば、比較しやすいように同じメーカーの一眼レフとミラーレスのデータを比較してみましょう。


キヤノンの一眼レフ『EOS Kiss X9i』


Canon デジタル一眼 EOS Kiss X9i(W)(EF−S18−135 IS USM レンズキット) EOSKISSX9I18135ISUSM(送料無料)

センサーサイズ・・・APS-C
画素数・・・2420万画素
映像エンジン・・・DIGIC 7

キヤノンのミラーレス『EOS M100』


【納期約1〜2週間】【お一人様1台限り】Canon キヤノン EOSM100GY-1545ISSTMLK ミラーレス一眼カメラ 「EOS M100」 EF-M15-45 IS STMレンズキット グレー EOSM100L1545KGY

センサーサイズ・・・APS-C
画素数・・・2420万画素
映像エンジン・・・DIGIC 7

画質に関わるような3つの項目を書き出してみました。

見ての通り全く同じですね!おそらくこの2台同じ画質になると思います。

つまり、一眼レフだから画質がいいということは決してありません。

先の質問『一眼レフの方が画質がいいんでしょ?』答えは『うーん?だいたい一緒。』というのはこういうことです。

コンパクトなミラーレスでも十分いい写真が撮れるということですね!

ちなみにこのブログの写真の8割以上はキヤノンのミラーレス(EOS M)で撮ったものです。

イメージセンサーは『撮像素子(さつぞうそし)』と呼ばれることがあります。この単語も覚えておきましょう!

写真の撮りやすさ。


『画質が変わらないならわざわざ一眼レフを買わなくてもミラーレスでいいじゃない!』

確かにそれも一理あります。

でもメーカーがわざわざ一眼レフを販売し続けるのにもちゃんと意味があります。

画質以外の部分ではやはり一眼レフの方が良かったりするのです。

例えば、交換レンズが豊富だったり、AF(オートフォーカス)が早かったり…

さらには、操作性が抜群にいいです。マニュアル設定で『SS』『絞り』『ISO』を変えるのが瞬時にできます。そのためにボタンの数も多く、いろんな機能を割り当てて操作できるように作られています。

ミラーレスの場合は入門機ということでオート撮影をメインに作られています。そのためボタンの数が少なく、マニュアル設定で『SS』などを変える際にほんの少しだけ時間がかかります。

要はメーカー側は、あなたに合った1台を提案してくれてるわけです。

まとめ

メーカーが選択肢をたくさん用意してくれてる中であなたは何を重要視しますか?

一眼レフをオススメする人

ファインダーを覗いて撮ってる感じを楽しみたい!
マニュアルでガンガン撮りたい!
動物などの動きものを撮りたい!

ミラーレスをオススメする人

デジカメデビューしたい!
気軽に持ち運びたい!
お花など動かないものを撮りたい!
可愛いカメラが欲しい!

ざっと挙げるとこんなとこでしょうか。

何をどうやって撮りたいか?

カメラをどんな風に楽しみたいか?

一度、カメラを持って写真を撮りに行く姿をイメージしてください。おのずとあなたの欲しいカメラが見えてくると思います。

最後にとても大切なこと!

カメラをやってる人は、性能やデータのことばかりで頭デッカチになってる人がとてもとても多いです。

もちろん悪いことではありません。(このブログでもデータはよく使います)

しかしそれに振り回されないようにしてください!

例えば『動きものには一眼レフが強い』という定説を鵜呑みにしてる人は『ミラーレスで動きものは撮れない!』と言い切ります。

確かに、動きものは一眼レフの方が上手く撮れる確率が高いです。しかしミラーレスだと撮れないというわけではありません。少なくともケータイよりかは上手く撮れます!

カメラによって、得意不得意があるのは事実ですが、絶対にできないものは数少ないです。

ファーストカメラでまずは撮りたいものをなんでも撮ってください!不可能はほとんどありません!

それで満足して楽しめればそれはステキなカメラライフですし、別のカメラで撮ったらどうなんだろうって思うようになってくればセカンドカメラを検討すればいいと思います。

カメラ選びのポイントにデータも必要ですが、まずは趣味を楽しむ為の相棒として選んでみるのもアリだと思いますよ。その方が意外と愛着が湧きやすいかも!

『趣味なら楽しまなきゃ意味がない!』僕のモットーです。

ちなみにミラーレスからスタートした僕が、一眼レフを買おうと思った理由は『ファインダーを覗きたい!』というものでした。www(ミラーレスのみを使ってるときは、カメラを構えてファインダーを覗く姿に憧れたものでした)

今は、

ポートレートやライブ写真は一眼レフ。

お花や風景写真はミラーレス。

といった具合に使い分けながらも、ミラーレスでどこまでステキな写真が撮れるかを検証中です。(今はミラーレスに夢中ですwww)

さぁ、あなたにとっての”楽しめるカメラ”を見つけに行きましょう!




 

コメント