カメラ女子・カメラ初心者必見!!お花の撮り方!

デジカメデビューしたら、スマホじゃ撮れない写真を撮ろう!をテーマに、お花の撮り方やカメラの設定の仕方を初心者にも分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

『毎日がワクワクするカメラバッグ』クラウドファンディング挑戦の道! vol.6【触れば分かる!アーミーダックという素材!】

カメラバッグ

『満足いくカメラバッグを使ってますか?』

 

僕は未だ使いたいと思うカメラバッグに出会ったことがありません。

 

それならば作ってしまえ!ということで

『snap★snap★snap®︎』というブランドを立ち上げ、

現在カメラバッグを作製中です。

 

2020年春、僕はカメラバッグで、クラウドファンディングに挑戦します!

 

クラウドファンディングとは、僕のプロジェクトに賛同してくれた方や、この商品が欲しいという方に出資(商品代金を先払い)していただき、一定期間内に目標額をクリアできれば、それをもとに商品を作製し出資者の元へお届けするというものです。

 

カメラバッグでクラウドファンディングに挑戦!


こんにちは、

『メガネ・パーマ』がトレードマークの箕輪 洋(みのわ ひろし)です。

 

『毎日がワクワクするカメラバッグ』を現在作製中。

 

2020年春、

このカメラバッグでクラウドファンディングに挑戦します!

 

その模様を連載中!

 

今回は、

vol.6【触れば分かる!アーミーダックという素材!】についてのお話です。

 

vol.1【自己紹介編】はこちら。↓↓↓↓

『毎日がワクワクするカメラバッグ』クラウドファンディング挑戦の道! vol.1 【自己紹介編】
満足いくカメラバッグを使ってますか?僕は未だ使いたいと思うカメラバッグに出会ったことがありません。それならば作ってしまえということで『snap★snap★snap®︎』というカメラバッグのブランドを立ち上げました。2020年僕はカメラバッグで、クラウドファンディングに挑戦します!この挑戦の模様を紹介していきます!

vol.2 【ブランド名の由来】はこちら。↓↓↓↓

『毎日がワクワクするカメラバッグ』クラウドファンディング挑戦の道! vol.2 【ブランド名の由来】
満足いくカメラバッグを使ってますか?僕は未だ使いたいと思うカメラバッグに出会ったことがありません。それならば作ってしまえということで『snap★snap★snap®︎』というカメラバッグのブランドを立ち上げました。2020年僕はカメラバッグで、クラウドファンディングに挑戦します!この挑戦の模様を紹介していきます!

vol.3 【MADE IN JAPAN】と【ファーストサンプル公開】はこちら。↓↓↓↓

『毎日がワクワクするカメラバッグ』クラウドファンディング挑戦の道! vol.3 【MADE IN JAPAN】と【ファーストサンプル公開】
満足いくカメラバッグを使ってますか?僕は未だ使いたいと思うカメラバッグに出会ったことがありません。それならば作ってしまえということで『snap★snap★snap®︎』というカメラバッグのブランドを立ち上げました。2020年僕はカメラバッグで、クラウドファンディングに挑戦します!この挑戦の模様を紹介していきます!

vol.4 【カメラ女子×カメラバッグ!】はこちら。↓↓↓↓

『毎日がワクワクするカメラバッグ』クラウドファンディング挑戦の道! vol.4【カメラ女子×カメラバッグ!】
満足いくカメラバッグを使ってますか?僕は未だ使いたいと思うカメラバッグに出会ったことがありません。それならば作ってしまえということで『snap★snap★snap®︎』というカメラバッグのブランドを立ち上げました。2020年僕はカメラバッグで、クラウドファンディングに挑戦します!この挑戦の模様を紹介していきます!

vol.5 【サンプルで詳細を紹介!】はこちら。↓↓↓↓

『毎日がワクワクするカメラバッグ』クラウドファンディング挑戦の道! vol.5【サンプルで詳細を紹介!】
満足いくカメラバッグを使ってますか?僕は未だ使いたいと思うカメラバッグに出会ったことがありません。それならば作ってしまえということで『snap★snap★snap®︎』というカメラバッグのブランドを立ち上げました。2020年春、僕はカメラバッグで、クラウドファンディングに挑戦します!この挑戦の模様を紹介していきます!

 

 

素材にこだわったら『アーミーダック』にたどり着いた!


こだわったのはデザインだけではありません。

 

『頼りになる相棒』を作るためには、

当然素材にもこだわりました。

 

触った瞬間に『安っぽい…』と思うような素材は全てスルー。

 

そして、僕が行き着いた素材は、

アルバートンのアーミーダッグ!

 

触れた瞬間にこれだと思いました!

 

たぶん誰もが触れた瞬間に,

『あっ、いいヤツだ!』って分かる素材だと思います。

 

触れた瞬間の第一印象…裏切りません!

 

 

『アルバートンのアーミーダック』って何?

ALBERTON(アルバートン)とは、

アメリカのビンテージ生地を復刻・生産している日本の生地のブランドです。

DUCK(ダッグ)とは、

生地の名前です。

 

ダックの特徴はざっとこんな感じ。↓↓↓↓

・厚くて丈夫

・高密度で撥水性が高い

・発色がよい

・エイジングを楽しめる

 

少しだけうんちくを語ります。

ダックの歴史は古く、1800年代デニムが登場する以前からワークウエアやカバンなどに使われてきました。

 

一般的なカバンの素材である帆布よりも、

厚くて丈夫なのがダッグの特徴です。

 

世界最大規模の標準化団体であるASTM標準規格でも定められた織物で、

現在でも軍用資材として使用されています。

 

中でも、今回使用したアーミーダッグは、

1870年当時の織規格を再現するため、当時と同じ織り機を使い当時の資料に基づいて生産されたこだわり抜かれた生地です!


そんなアーミーダッグの特徴は、

細い糸を使用し組織密度を上げているため、

当然同じ重さのダッグと比較すると、高密度で丈夫です。

 

さらに、高密度ゆえに水を通しにくいという特徴もあります。

試しに、実際に水をかけてみると…↓↓↓↓


ご覧の通り!www

玉になってサーっと流れました!

完全防水ではありませんが、

この撥水効果は『頼りになる相棒』ですね!

 

 

あなただけのオンリーワンに育てよう!


染色方法も特殊です!

肉厚で高密度なアーミーダックの特徴を生かすため、

あえて現在主流の染色方法を使用していません。

 

戦前のダック生地の資料にでてくる染色方法を再現しています。

その甲斐あって、発色がすごく綺麗です。

(もちろん、近年問題視されているアゾ染料、特定芳香族アミンは使用していません)

 

そしてアーミーダックは、

高密度で生地自体が水を通しにくいため、繊維の中まで染まりにくく、

色が落ちてくると中の薄い色の部分が見えてくることがあります。

 

これこそが、アーミーダッグの味です!

 

長年に渡り素材の経年変化を楽しむことができるのです。

是非ともあなた色に育てて下さい!

 

 

ワクワクをお届けするということ…


2月中旬現在、

間も無く2ndサンプルが出来上がるところです。

今回は、レッドで作製中です!

 

写真のブラックとは違い、カジュアルな可愛らしさが出ると思います!

 

そして、

1stサンプルの改善点がどのように仕上がってるのかが楽しみなところです!

(2ndが出来上がったら、1stからの改善点を紹介していきますね)

 

このワクワクをあなたにも伝えたい!

そして、味わってもらいたい!

snapsnapsnap® のカメラバッグは、

そんな想いを込めて、現在2ndサンプルを作製中です!


vol.7【2ndサンプルがめっちゃ良かったから、オールドレンズで写真を撮ってきた!】はこちら。↓↓↓↓

『毎日がワクワクするカメラバッグ』クラウドファンディング挑戦の道! vol.7【2ndサンプルがめっちゃ良かったから、オールドレンズで写真を撮ってきた!】
満足いくカメラバッグを使ってますか?僕は未だ使いたいと思うカメラバッグに出会ったことがありません。それならば作ってしまえということで『snap★snap★snap®︎』というカメラバッグのブランドを立ち上げました。2020年春、僕はカメラバッグで、クラウドファンディングに挑戦します!この挑戦の模様を紹介していきます!

コメント